はじめてのアイビスペイント解説講座④ベタ塗りしよう

2019年7月30日

こんにちは!kenです。

前回の記事では、デジタルで線画に強弱をつける方法を解説しました。

今回はベタ塗りの方法に関して簡単に解説していきます。

次回は簡単にできる塗り方を説明していく予定です。

ベタ塗りをしよう

前回の記事ではここまで進めました。

レイヤーがよくわかっていない方は

ここからはレイヤーを使っていくので、今の段階でレイヤーが何かいまいちわかっていない方は

アプリ起動後の画面で「」ボタンをタップして、

05.レイヤーとは をお読みください。やはり公式様の説明が一番わかりやすいです!

色塗りレイヤーを作ろう

まずは画面右下の「4」と書かれたボタンをタップしてください。(数字は線画のレイヤー数によってかわります)

次に画面左の「」マークをタップして、

新しくレイヤーができたら、新しいレイヤーの枠内をタップして、

線画レイヤーの下へドラッグします。

このようになったらキャンバスに戻ってください。

これで線画の下に色塗り用のレイヤーができました!

注意点

線画レイヤーの下にレイヤーを作成しましょう。色塗りレイヤーのほうが上だと色がはみ出してしまいます。

ベタ塗りをしよう

画面左下の左から2番目のボタンをタップして、

塗りつぶしを選択してから、

画面下中央の四角いボタンをタップして、

上の画像で矢印で指してあるボタンをスライドさせて、色を調整してください。

最初なので好きな色を選んでください。

今回は髪の毛を上のグレーにします。

色を選び終えたら、キャンバスに戻ってください。

上の画像のように線で囲まれた部分をタップすると、

このような感じに塗りつぶせます。

注意点

触った個所が線で囲まれていないと髪の毛の外まで塗りつぶしてしまいます

その時は線画を確認して空いている個所を閉じてください。

次に肌色を塗ります。今回は上の色にしました。

黄色より赤っぽいほうがより健康的な肌に見えます。参考までに。

こんな感じになると思います。

同じ要領で塗り残した部分を塗りつぶしてください。

あと、塗っていない部分は白色に見えると思いますが、実際には透明になっているので白色の部分も塗るようにしてください。

すべて終えました!(目の線画が不要だったのでこの間に消しました)

塗り残しを埋めよう

­一通り塗り終えたように見えますが、実際にはところどころ塗れていないところがあります。

なので、そこを埋めていきましょう。

画面左下の左から二番目のマークをタップして、

スポイトツールを選択してください。

画面左下の左から二番目のマークがスポイトになっている状態で、画面上のとりたい色をタップすると、

画面下中央の小窓の色が触った色と同じになると思います。

そうしたら画面左下端のボタンをタップして、ペンに切り替えてください。

拡大しながら、塗り残した部分を探して埋めていきましょう!

この作業を繰り返すと塗り残した部分はなくなると思います。

知っておくと便利な機能

ここで、塗りつぶしをする際に知っておくと便利な機能を説明していきます!

クイックスポイト

クイックスポイトを有効にすると、画面のある一点を長押しした際にそこにある色を吸い取ります。

これは、線画を描くときに邪魔になるのでオフにする方がおススメなのですが、使いこなせれば便利なので一度試してみてからオンオフを考えてもらえればよいです。

具体的な設定方法

画面左下から設定を選んで、

クイックスポイトの右のボタンを触って切り替えてください。

※画像の赤線は無関係です

レイヤーの背景変更

デフォルトでは、透明な部分=塗ってない部分は白色に見えます。

ですが、白色を塗るときに塗ったのかどうかわかりにくいと思います。

それを解決するのがレイヤーの背景変更です。

具体的な設定方法

レイヤー一覧画面の一番下に背景という項目があるので白以外の右の二つからお好きな方を選んで押してください。

一番右は黒色が分かりにくくなるので、真ん中がおススメです。

キャンバスに戻ると透明な部分が網状に表示されていると思います!

最後に

今回はベタ塗りの仕方について話しました。

次回は簡単な色塗りの仕方を解説していきたいと思います。

質問したいことがあれば気軽にTwitterのDMで話しかけてください。

ではまた~