【脱初心者】初心者が絵を上手くする方法

2019年1月27日

こんにちは!kenです。

今回は初心者が絵を上手くする方法を具体的に話していこうと思います。

まず最初に...

こういった類の記事でよく「目標とする人の絵を参考にして描く」という方法をみかけると思いますが、おそらくこの記事を読んでいる方の多くは、

「そんなんできたら苦労しないよ」

と思っているかと思います。

では、どうすればいいのか...?

・・・

結論からいうと、まずは「基本的な描き方を知る」、これに尽きると思います。

でも、何から覚えればよいかわからないっていう人がほとんどだと思います。

なので詳細なステップを説明していきますね。

線画を描くとき

まず線画を描くときにするべきことを説明していきます。

おそらく、絵を描きたい人の多くは初めは何かしらのキャラを描きたいと思うのですが、

そういう方はまずは全身を描くようにしてください。

体を描かないのは、描けるようになりたいけど描けないからだという人は尚更です!

毎回体を描くことによって、顔だけ上手くなったけど体だけ描けないということがなくなります。

ただ体の描き方についてはじめから知っている方は少ないと思うので、調べながら描くようにしてください。

ここでおススメなのがいちあっぷというサイトです。

いちあっぷ(外部サイトへ飛びます)はプロのイラストレーターがイラストの描き方について描いた記事がたくさんあります。

おそらく調べたらキャラの描き方に関して不足はないと思います。

個別のパーツの描き方講座に関してはわかりやすい記事が多いので、髪の毛の描きかたとかポーズのとり方とかはいちあっぷを参考にしてください。

調べ方なのですが、いちあっぷのサイトのヘッダーの右部分に🔍マークがあるので、そちらに調べたい語句をいれてもらえれば、検索結果に講座の一覧が出てくると思います!

その中からタイトルに惹かれたものをみてもらえればよいかと思います。

ここで経験上最低限抑えてほしいのは「アタリ」をとりながら描くことです。

これもいちあっぷで調べてもらうと分かりやすい解説が見つかると思います。

ざっくりいうと、全身を描くときに関節の位置は把握しとこうね!っていうことです。

下のレベルでもいいので軽くアタリをとる癖をつけておくとキャラの形をとるのが上手くなりますよ!

はじめは面倒かもしれませんが、アタリをとった方が手直しが少なく済み、時短になるので騙されたと思ってやってみましょう!


他には「」「」「」「」などは難しい部位なので、描くときにいちあっぷで描き方を調べるようにしましょう!

ついでに紹介しておきたいのがデザインドール(外部サイトへ飛びます)です。

基本的に無料でダウンロードできる3Dデッサン人形です。

ポーズが上手くイメージできないときはこれを見ながらポーズを描くことによって

違和感なく体を描けると思います!

色を塗るとき

ツールの説明がてら大まかな塗り方は説明していくつもりです。

しかし、すべてを網羅するのは難しいので、色を塗るときもいちあっぷを参考にしてみてください。

例えば金属や人の肌など、ものによって質感が変わってくるので塗り方も変わってきます。

他には アイビスペイントの公式YouTube(外部サイトへ飛びます)も参考になりますよ。

ただ、動画内の絵がうますぎて参考にならないかもしれませんが笑

最近は解説がより丁寧になってきているので、お暇なときにでも新しいほうから漁ってみてください!

背景をつけるとき

背景の描き方はおいおい説明していくつもりなのですが、

デジタルになれないとかなり苦戦すると思いますので、まずは素材を使ってみてください。

そのときそのときに背景にあった素材を選んで貼っていると、背景を描くときにどういう背景がよいか考えるときに役に立ちます!

意欲のある方は背景も同時並行で練習していくとよいと思います。意欲のある方は、はじめから背景を描く練習をしてみるのもいいと思います!

そういった方向けにおススメのサイトが pixivision(外部サイトへ飛びます)です!

こちらもいちあっぷと似たような感じですが、背景が割と強い印象を受けます。

樹とか草原とかを描けるようになるだけでもかなり描ける幅が広がりますよ。

余力のある方はぜひ挑戦してみてください!

一通り終えたら…

一通り終えたら、SNSにあげてみましょう。

SNSにあげることで周りの人から数字という形で評価がもらえます。

ただ、数字の大小で絵の良さは測れないので、あくまで参考程度にしてくださいね。

気にしすぎると挫折の原因になりかねませんので…

初めの方は母数が少ないので、pixivならブックマーク率、TwitterならRT率を参考にするのがよいと思います。

ただ、他人と比較しても何一ついいことはないので、あくまで自分の作品の中でみてどれがウケたかをみるようにしてください。

ウケた絵がなぜウケたかを考える癖がつくと、偶然うまくいったものも分析して再現できるようになります!

運やキャラによってもだいぶ変わりますが、参考にはなるかと思います!

他には絵を見せられる知人に意見をもらうのも手です。

他人は自分と違い絵を長いこと見ていないので、自分では気づかなかった直感的な意見をくれたりします。

この際、知人が絵を描いていなくても全く問題ないです!

まとめ

基本的な流れはお話しした通り、「描くときに描き方を調べる」ことに尽きます。

次に大事なのが、「客観的な意見を取り入れる」ことです。

最初は調べることが多いかもしれませんが、これを繰り返すことで着実に描けるものが増えます!

是非実践してみてください。

質問などがあれば気軽にTwitterかコメントで聞いてください~。

ではまた~