ゼロからはじめる背景講座②まずは背景の扱いに慣れよう

2019年7月27日

この講座記事では「デジタルで背景を描きたいけど、何から初めたらよいか分からない!」といった方向けに、僕が実践してきた背景の上達法をお伝えします。

この講座記事を読めば、苦痛をあまり感じることなく楽しく背景を上達していけるようになるはずです!

みなさんこんにちは、kenです。

前回の記事(ゼロからはじめる背景講座① 背景を描きはじめる方へのささやかなアドバイス )では背景を描きはじめる上でのアドバイス的なことを記事にしました。

そこで今回は背景を描きはじめる上で一番最初にオススメする方法、背景素材を用いた方法を書いていきたいと思います。

※本記事では初心者の方が手軽に取り組めるようにアイビスペイントを使います。他のアプリを使う方は適宜読み替えてくださると幸いです。

背景素材を使おう

「そんなの描いたうちに入らないんじゃないか」と思う方も多いと思います。

でも写真を用いた技法にフォトバッシングやペイントオーバーというものがあり、素材を使うことも立派な描き方のひとつとして存在します。

これは僕自身が描きはじめたときにやった方法で背景の入り方としてはよかったと思っている方法です。

では実際に方法を説明していきます。

方法

まずはいつも通りにキャラを描いてみてください。

(キャラの塗り方の記事が出来たら、ここにリンクを張りますね。)

次にキャラの下にレイヤーを作成します。

次に、画面右上にあるマークをタップして素材一覧を表示させます。

そうしたら、素材一覧の中からキャラに合うと思うものを選んで、貼り付けてください。

「背景(リアル)」や「背景(アニメ)」が練習にはおススメです。

Point:地平線は腰の辺りに持ってくる


おそらく、絵の視点を考えずにキャラを描くと先ほどのような平面的な感じになると思います!

こういう場合は、画面に映っているキャラの中央あたりに背景の地平線を持ってくると自然に見えます。


イメージ図です↓

(今回だと、頭から太ももの中央なのでキャラのウエストあたりですね!)

完成です。

※この方法だと夜景の場合にキャラと背景の色合いが合わなくなるので、なるべく昼間の素材を選ぶのがオススメです。

夜景の場合にどうするかは別の記事で説明します。



できましたか?

よくわからなければ気軽に相談してください!

方法に関してはざっくりとこんな所です。

※おそらくこの記事を読んでいる方はある程度キャラとかでアイビスの使い方を理解していると思ったので、細かい説明は省いています。

この方法のメリット

では次にこの方法のメリットを話したいと思います。

意図がわかった方が上達も速いと思うのでできれば読んで頂けると幸いです。

1.キャラと背景の組み合わせ方が上手くなる

背景が上手いことも重要なのですが、それと同じくらい重要なのが構図や、世界観の統一です。

キャラに合わせて背景を選んでいると「このキャラとこの背景は合うな」といったことが感覚的に分かってくると思います。

2.消失点が少しずつ分かってくる

慣れてくると消失点に関して知らなくても地平線の位置がある程度分かるようになります。

地平線の位置を間違えるとキャラが地面に埋まっているといったことになりかねませんので、これはわりと重要なポイントです。

キャラの上半身を描くのが好きな方には特に重要じゃないかと思います。

3.初めてでもそこそこ描ける=楽しんでできる

このやり方の一番のメリットはこれです。

背景を描いたことがないと全く描けないんですよね。

でも素材を使ったやり方だと素材の数に制限はあるものの、クオリティが低くなりにくいです。

なので、最初に楽しみながら慣れるという目的にはうってつけだと思っています。

最後に

ここまで読んでくださりありがとうございます。

今回の内容はここまでにします。

※一応ibispaintの方に動画をあげておいたので、興味があればリンクから飛んでみてください。

次回は写真素材に少し背景を描き足す方法をまとめていきたいと思います。

ではまた~

次の記事です→ゼロからはじめる背景講座③背景素材に描き込んでみよう

※この記事に関して分からないこと・他に記事にしてほしいことなどがあればブログ内の「お問い合わせ」「コメント」または、TwitterのDMからお気軽にご連絡ください。お待ちしております。