【絵が描けなくなった方へ】絵が描けないのはやる気のせいではなく○○のせい

趣味や仕事以外で絵を描いていると…

「絵を描きたいけど全然筆が乗らない…」

となることがあります。

そのとき、「自分のやる気がないからいけないんだ」と自分を責めてしまうと、さらに自分を追い込んでしまい、負のスパイラルに陥ってしまいます。

僕の経験上、こういった場合、実は 原因は自分ではなく環境のせいである ことが多いです。

Left Caption
Ken
みなさんこんばんは。
kenです。

この記事では、「絵を描けるようになるための環境の作り方」をご紹介します。

絵が描けないのは環境のせい

絵が描けない場合、実は環境に原因があることが多いです。

絵は好きならいつでも描けるものと思いがちですが、みなさんが思っている以上に、 絵を描くのは精神的・体力的に大変なこと です。

絵が描けない場合、僕の経験からすると下の三つが主な原因であることが多いです。

  • 体力的に絵が描けない状態である
  • 他の誘惑に負けてしまっている
  • 時間にゆとりがない


これらを解決する方法は主に三つあります。

それぞれ順番に見ていきましょう。

絵が描ける環境を整える三つの方法

生活リズムを整える

生活リズムが狂っていると、脳が働かなくなったりして絵が描けません。

(実体験ですが、寝不足だとPCに向かっても30分と集中力が持ちません。)

心あたりがある方は、 まずは生活リズムを整えてみましょう。

個人的には、夜更かしをして昼過ぎに起きると、起床時に頭がだるくて何もできなくなるのでできるだけ早く寝ることを心がけています。

心を惑わせるものを生活から切り離す

よほど意志が強い人を覗けば、だいたいの人は楽な方向に流されてしまいます。

ソーシャルゲーム・アルコール・たばこなどの 依存性の高く、時間やお金を浪費するものはできるだけ自分から遠ざけましょう。

僕もゲームには何度とハマッてきましたが、他人に指摘されたり、自分で「なんでゲームなんかやっているんだろう」と思ったりしたときに、スパッと辞めてしまえば比較的早い段階で辞められますよ。

依存して抜け出せなくなる前に辞めましょう。

1000時間ゲームをする時間があれば、実用的なスキルの一つでも習得できます。(僕はゲームに使ってしまいましたが笑)

後、遊びや飲み会などの誘いも、絵を描く時間を大きく減らしてしまいますので乗り気でないのなら断りましょう。

もし、あなたが「絵を仕事にしたい」「絵が上手くなりたい」と思っているのならば、 絵に興味がない人ではなく、同じ目標を持っている人とつきあう方が得策です。

労働環境を変える

これは仕事をしている人にも学校に行っている人にも言えますが、 本業で疲れきってしまい絵が描けなくなっている 可能性があります。

僕は大学に通いながら、イラスト業界への就職を目指して絵を描こうとしましたが、大学に行って講義を聞くだけで疲れてしまい、帰ってから全く絵が描けなかったので大学を辞めることにしました。

極端な話に聞こえるかもしれませんが、世の中には好きなことができないと何も手につかなくなる人がいます。僕もそういうタイプですし、ひょっとするとあなたもそういうタイプかもしれません…。

この辺は性格によって変わってきますが、 「自分が今の本業と絵のどちらに興味があるのか」 ということと 自分のタイプ を見極めた上で改善していきましょう。

本業の方が好きなら無理に絵を描かずに本業に打ち込めばいいです。

両立できるタイプなら本業の時間を減らして絵を描く時間を確保しましょう。

僕のように好きなことしかできないタイプなら、いっそ本業を辞めてしまうのもありです。(家庭の経済状況によりますが…)

ちなみに朝方の人なら、早起きして絵を描くと効率がいいと思います。

まとめ

ということで、「環境を整えて絵が描けるようにしよう」という話でした。

僕自身、相当な頻度で絵が描けなくなるんですが、よくよく考えてみたら原因はネットの評価でもなんでもなく昼夜逆転していることだったので、その辺の実体験を交えて記事にしました。

昼夜逆転して深夜に活動しようとすると、ふいに辛い記憶が蘇ったり、どうしようもならないを考えだして止まらなくなったりするので皆さんも気を付けてください。

それでは~

考察

Posted by ken