クリスタとアイビスの違いとそれぞれのメリットを詳しく解説!

2020年2月3日

みなさんこんばんは、kenです!

このページにたどり着いてくれた方の多くは、

「アイビスとクリスタの違いが分からない」
「クリスタの方が高性能なのは知っているけど、具体的にどの辺がいいの?」

と思ってこのページに来てくれたと思います!

Left Caption
Ken
みなさんこんにちは。
kenです。

この記事ではそういった方に向けて、アイビスペイントを一年近く使った後、クリスタに乗り換えて絵を描いている僕が、

  • どちらがどういう人に向いているのか
  • クリスタとアイビスの具体的な違い

を解説します!

この記事を読めば、あなたがどちらのソフトを使えばよいのかはっきりとわかるようになりますよ。

どちらがどういう人に向いているのか

まずは、どちらがどういう人に向いているのかを簡潔にお話しします。

アイビスペイント

アイビスペイントは、僕が使ってきた感じ、 スマホでの操作の手軽さを最も重視している ような気がしました。

なので、「とりあえずデジタルで絵を描いてみたい」「ベッドなどで横になりながら気楽に絵を描きたい」という場合に向いています。

公式のYouTubeチャンネルが色々な描き方を動画で紹介してくれる点も、僕が絵を描きはじめの時には結構助かりました。描きはじめの人がデジタルツールの使い方に慣れていくという点ではよいんじゃないかと思います。

ただ、いくら操作に慣れても、同じ時間をかければ、確実にクリスタの方が良いものが描けます。この点を気にするなら、クリスタを使った方が良いかもしれません。

アイビスが向いている人

  • デジタルで絵を描いたことがない人
  • のんびり絵を描きたい人

クリスタ

クリスタは、 やはり仕事で使えるレベルで多機能・高性能 である点が売りだと思います。

「絵がもっと上手くなりたい」「解像度の高い絵を描きたい」という方は早めに買ってしまうのも手だと思います。(PC版だと買い切りですし…。)

背景を描くときなんかは、アイビスペイントのブラシだとどうしても木とかが安っぽくなりがちですが、クリスタのブラシを使うと結構楽に描けます。

僕はかつてアイビスペイントで半年間毎日絵を描いていたときに「どうあがいても背景が描けないのは僕の画力のせいではなく、ツールのせいじゃないだろうか」と思い、クリスタに乗り換えましたが…

結果的に大正解でした。

クリスタを使って二年間絵を練習した結果、絵の仕事などを数件頂くことができましたが、クリスタに乗り換えて背景を描かなければ今も下手なままだったと思います。

でも、僕がクリスタを使いこなせるようになったのは、アイビスペイントでお絵描きソフトの使い方に慣れたおかげでもあると思うので、はじめてデジタルで絵を描くときにクリスタから入るのは割と大変かもしれません。

クリスタが向いている人

  • アイビスペイントに限界を感じた人
  • じっくり絵を描きたい人


ですが、このままだとアバウトすぎるので、下でそれぞれのメリットについて具体例を交えて詳しく解説していきます!

ここからは、アイビスペイントはスマホまたはタブレット、クリスタはPCの前提で話を続けて行きます。

アイビスの方が優れている点

操作が分かりやすい

アイビスペイントが他のツールより圧倒的に優れているのは「操作の分かりやすさ」です。

これがアイビスペイントの操作画面です。

ボタンが少なく、非常にシンプルです。

一方、こちらがクリスタの操作画面です。

アイビスペイントに比べると少しごちゃごちゃしていますね。

アイビスペイントは、絵を描くときによく使うボタンのみをキャンバスに表示しているので、 操作に慣れていない人が混乱しにくい 仕組みになっています。

一方でクリスタは、すべてのツールにすぐアクセスできる分、画面に表示されるボタンが多くなっています。

­初期費用がタダ

アイビスペイントは制限はあるものの(広告表示等)、無期限で無料で使えます。

絵をこれから始めたいけど、続くか不安という方には嬉しいポイントなんじゃないでしょうか。

どこでも描ける

アイビスペイントはスマホアプリなので、どこでも描けます。

慣れれば、バスや電車の中で立ちながらでも描けます。

スマホに指で描く手軽さは、クリスタではなかなか再現できないポイントです。

クリスタの方が優れている点

アイビスより高性能

クリスタは有料ソフトなので、当然ですが 性能はアイビスペイントより上 です。

例えば、アイビスペイントだとスマホの性能に限界があるため、高画質のイラストを描こうとすると動作が重くなります。

一方、クリスタだとPCの性能が低くない限り、印刷に適したサイズの作品までも作成することができます。

他にも、クリスタの方が扱いやすいブラシツールが多かったりします。

作業効率がいい

クリスタで作業することによって圧倒的に作業速度が速まります。

作業効率が大きく変わる重要な機能の違いを三つ紹介します。

複数のレイヤーをまとめられる

アイビスペイントは、基本的にレイヤーは一枚ずつしか選ぶことができません。

一方でクリスタでは、複数のレイヤーを選んで同時に移動させることができます。

例えば、下のリンゴを描くときに線画と塗りのレイヤーを分けたとしましょう。


このとき、アイビスペイントだとレイヤーを一枚ずつしか動かせないため、下のように線画のレイヤーだけ(もしくは塗りのレイヤーだけ)しか動かせません。


一方、クリスタだと下のようにフォルダーを作って、レイヤーをその中に埋め込めるので…


リンゴを動かす時も一回まとめてレイヤーを動かせば済みます。

こういった機能の差が作業時間の短縮につながります。

面積が広い

これはソフトの差というより、端末の差なんですが…

PC(クリスタ)で作業する方が、スマホ(アイビス)で作業するより、十倍以上表示領域が広いです。

実際に重ねると、こんなにも画面の大きさが異なります。

アイビスペイントは画面が狭いので、かなり拡大しないと細かい部分が描けませんが、クリスタは拡大せず常に全体のバランスを見ながら細かい部分を描くことができます。

ショートカットキーが使える

PCでは、スマホと異なり、キーボードを使って操作ができます。

クリスタには、ショートカットというものがあり、複数のキーを同時に叩くことで特定の操作を行えます。

ほとんどの操作はショートカットで行えるので、これを使いこなせれば相当な時短ができます。

例えば、アイビスペイントではレイヤー選択画面を開かないとレイヤーの結合ができませんが…(↓簡単な手順です)

①レイヤー一覧画面を開きます。

②レイヤーの結合を押します。

③レイヤーが結合されました。


一方、クリスタなら、「Ctrl+E」を押すだけでいつでもレイヤーの結合ができます。

スマホにはボタンがないのでスマホゲームでは簡単な操作しかできませんが、据え置きゲーム機はボタンがたくさんあるので複雑な操作も短時間でできますよね。

それと同じで、PCで描く方が使えるコマンドが多いので色んな操作が一瞬でできます。

可能性が無限大

ブラシの種類が豊富

クリスタの方がアイビスよりブラシタッチが綺麗に描けます。

クリスタにはブラシが非常にたくさんある上、自分が撮った写真からブラシを作ったり、他人が作ったブラシをダウンロードして使ったりということもできます。

プロになるまでずっと使える

クリスタとは別に、Photoshopという画像編集ソフトがあり、Photoshopの形式が仕事の時によく使われます。

クリスタは、Photoshopと操作感覚が似ていたり、クリスタで描いたファイルをPhotoshopで開いたりすることができるため…

クリスタで絵を描くことができれば、クリスタを仕事に使うこともできます。

まとめ

結局のところ、アイビスペイントの方が手軽で簡単だけど、クリスタの方ができることが多いということです。

といっても、性能の差のほとんどの原因は「スマホで描くかPCで描くかの違い」によるものですが…

個人的には、 無料でアイビスペイントを使ってみて、性能に限界を感じたときに乗り換えるのがおススメです。

絶対に筆を折らない自信がある人はクリスタから入ってもいいと思います!

この記事を読んで、クリスタのメリットがあまり感じられないという方は(僕の伝え方が悪いという可能性もありますが)、まずはアイビスを使いこなすことから試してみてはいかがでしょうか。

それでは~

考察ibisPaint

Posted by ken