【絵描き必見】ネットの評価を気にしないために知っておくべき4つの事実

Left Caption
Ken
みなさんこんにちは。
kenです。


今回は「Twitterの評価にとらわれずに絵を描くにはどうすればよいか」ということについて考えをまとめていきたいと思います。

誰しも絵を始めたての頃は…

  • 絵を上げ続けているのに一向に反応・評価がもらえない
  • もしかして自分は全く上手くなっていないのではないか

と不安になることがあると思います。

そういったときは、視野が狭くなって ネットの評価を必要以上に深刻に考えすぎている のかもしれません。

そこでこの記事では、「ネットの評価を俯瞰的に見られるようになるために知っておくべきこと」を四つご紹介します。

ジャンルの規模によって伸びに限界がある

ネットの評価は結局のところ、数の大小にすぎません。

誰が押そうが「1アカウントあたりの重み」は変わらないのです。

なので、 その絵のジャンルやテイストが好きな人がどれだけいるか によって数字の面での伸びはある程度決まってきます。

つまり、その時の傾向次第です。

ジャンルによっては伸びが労力に合わないので、一時期Twitterでこんなタグが流行ったりもしました。

#ロボは作画コストが高い上に伸びない

解決のポイント

傾向は自分では変えることができません。

なので、影響力を持ちたい方は需要が高く、競合性が低いジャンルを選べばよいです。

ただ、評価のために好きではないジャンルの絵を描くと、絵を描くモチベーションが下がってしまうので…

「フォロワーを増やして、それをどう活用するか」を深く考えていない内は、 自分の好きなものを描くことを優先した方が気分的に楽です。

鑑賞者はあなたの成長など気にしない

ネットで絵を評価するのは、良くも悪くも大部分が絵についての素人です。

なので、素人目に魅力的な絵が数字を獲得しやすいです。(可愛いキャラ絵など…)

一方で、素人目に違いが分からない部分がいくらうまくても、なかなか数字には結びついてくれません。(背景の描写や、細部の描写など…)

つまり、あなた自身のファンではない人は、 あなたの絵が上達しても、素人目に魅力が上がっていないと感じると評価しません。

ほとんどの人は、他人の絵の上達など気にしていません。

よく、「上手くなったはずなのに、評価が下がってきている」と悩む方がいますが、悩むだけ損です。気にしなくていいです。

解決のポイント

あなたがどちらかというと「ちやほやされたい」というタイプより、「技術を高めたい」というタイプの場合は、 絵に対して知識を持っている方の意見をもらう のがおススメです。

最近では、ネットで添削してもらえるサービスもあるので、そういったものも有効活用しましょう。

インフルエンサーの目に止まるかどうかがすべて

Twitterでは、評価は 「インフルエンサー(多くのフォロワーを抱えている人)が拡散するかどうかが全て」 です。

例えば、

このツイートは8000近くのフォロワーを持つ方がRTしたので、ある程度伸びましたが…

こっちのツイートは4枚をまとめたのにもかかわらず、誰もRTしなかったので低い伸びです。

このアカウントとは別にフォロワーが1000人くらいのアカウントもあるのですが、インフルエンサーに見つかる可能性が上がるだけで、運頼みなのは同じです。

フォロワーが10000人位いないと安定して伸ばすのは難しいと思います。

解決のポイント

上の例のように、インフルエンサーの目に止まらなければ評価されません。

あなたがどれだけ頑張って絵を描いても全ては 「時の運」 です。

だからといって、他人の活動が活発な時間などを考えだすとキリがありません。

他人は当てにせず、自分の絵の魅力を磨くことに最善を尽くしましょう。

どうしてもそれが向いていない方は、pixivやブログなどの過去の情報が流れていかないツールを使うか、インフルエンサーに積極的に交流して自分のことを認識してもらうかしましょう。

評価を気にするほど評価されない

ネットでは、評価を気にするほど評価されません。

個人的には下の二つが原因かなと思っています。

  • 他人からの心象が悪くなる
  • 絵の質を犠牲にしてしまう

他人からの心象が悪くなる

「この絵は伸びなかったから没だ…」

等と言っている人を見ると「自分が描きたいと思って描いたんじゃないの?」と思ったり、

「フォロワー○○人ありがとうございます」

と100人ごとに言っている人をみると「この人はフォロワーの数しか見ていないのか」と思ったりする方もいると思います。

このように、評価だけで自分の絵の価値を測っている発言をしてしまうと、他人からの心象が悪くなり、 自分の絵が好きだった人が離れていく可能性も生まれます。

上のようなことをツイートしたい場合はしてもいいと思いますが、投稿する前に再考してみるのをおススメします。

本音をぶちまけたいのなら、紙に書いたり、誰かに話したりと他の方法もありますよ。

絵の質を犠牲にしてしまう

これは僕の経験談なのですが…

評価を急ぎすぎてしまうと、評価が欲しいがゆえに 絵に対する意識がおろそかになり 、絵のコンセプト(絵で表現したいこと)がぶれてしまいます。

その結果、誰の目にも魅力的に見えない絵が出来ます。

解決のポイント

自分が評価されないことに辛さや焦りを感じる場合は、視野が狭くなっているがゆえに同じ境遇の人に目が行かず…

「どうして自分だけが評価されないんだ」と思い込んでいることが多いです。

そのことについては下の記事で詳しく書いています。

まとめ

結局のところ、 他人の行動を変えることはできません。

なので、ネットの評価を気にしすぎないようにするためには

  • 伸びないことへのある程度の諦めを持つ
  • 自分の好きな気持ちを優先させる

このふたつが大事なんじゃないでしょうか。

ただし、諦めに関しては、度が過ぎると人間不信になりかねないので、「この絵は伸びそう…!」といった 「他人の評価への過剰な『期待』をやめる」くらいの認識でいくと良いと思います。

それでは~